ミュシャ展へ

今回の東京の楽しみのメイン
b0352459_16553549.jpg

着いた時点で90分待ち…
16時半ですよ
b0352459_16554036.jpg

写真たくさん撮れちゃうよ
b0352459_16554679.jpg
b0352459_16555370.jpg
b0352459_16560267.jpg

[PR]
Commented by desire_san at 2017-06-08 15:08
こんにちは・
私もミュシャ展を見てきましたので、ブログを楽しく拝見しました。ミシャの美しく輝かしい女性を描いたポスターと、今回のミュシャ展の本命である『スラヴ叙事詩』を比べると、同じ画家が描いたとは思えないほど雰囲気が違うのに驚きましたが、目が慣れてくると『スラヴ叙事詩』のすばらしさがだんだんわかるようになりました。画面に描き群衆を等身大に描くことで、観る人を自分がその場にいるような演劇的体験をひきだし、視界いっぱいの画面からはみ出してきそううな描き方で観る人が時間を忘れるほど、その場面を体験できました。

私はミュシャがパリでポスター画家と成功してから、チェコのプラハに戻ってから、「スラヴ叙事詩」の制作に至るまでの、プラハの街に残したミシャの芸術作品を見ていくことにより、アール・ヌーヴォーの巨匠が「スラヴ叙事詩」に至るまでの軌跡を追ってみました、「スラヴ叙事詩。のブログと合わせて、画像だけでも結構ですので目を通してみてください。私のレポートについて、ご感想やご意見などコメントをいただけると感謝いたします。
by simaneko414 | 2017-06-03 16:53 | Comments(1)